弁護士費用の内訳

お札自己破産を申請しなくてはならなくなってしまった場合にまずやるべきことは弁護士を探して依頼することです。弁護士を依頼する時には当然のことながら費用がかかります。その相場は安い場合で20万円前後、高い場合で40万円前後と言われています。今回はこの弁護士費用の内訳についてみなさんにご紹介させていただきます。

まずは着手金と呼ばれるお金です。この着手金はみなさん聞いたことがあるのではないでしょうか?要するに自己破産を申請するにあたって、弁護士が依頼者の案件手続きを開始する際の事務手数料というわけです。ただし、自己破産申請については、この着手金を準備できないケースも多々ある為、着手金が0円という弁護士も少なくありません

その他には実費分成功報酬という費用があります。実費分は自己破産申請をするにあたってかかる切手代や収入印紙などのことを言い、成功報酬はその名前の通り、自己破産申請が裁判所に認められた場合に支払われる報酬のことです。自己破産申請が裁判所に認められなければこの費用は発生しません。

弁護士費用はこのような内訳で構成されており、一番重要なのは総額でいくらになるのか?というところになりますので、この弁護士費用については、依頼する前に入念に確認した上で依頼するようにして下さい。