弁護士費用の内訳

お札自己破産を申請しなくてはならなくなってしまった場合にまずやるべきことは弁護士を探して依頼することです。弁護士を依頼する時には当然のことながら費用がかかります。その相場は安い場合で20万円前後、高い場合で40万円前後と言われています。今回はこの弁護士費用の内訳についてみなさんにご紹介させていただきます。

まずは着手金と呼ばれるお金です。この着手金はみなさん聞いたことがあるのではないでしょうか?要するに自己破産を申請するにあたって、弁護士が依頼者の案件手続きを開始する際の事務手数料というわけです。ただし、自己破産申請については、この着手金を準備できないケースも多々ある為、着手金が0円という弁護士も少なくありません

その他には実費分成功報酬という費用があります。実費分は自己破産申請をするにあたってかかる切手代や収入印紙などのことを言い、成功報酬はその名前の通り、自己破産申請が裁判所に認められた場合に支払われる報酬のことです。自己破産申請が裁判所に認められなければこの費用は発生しません。

弁護士費用はこのような内訳で構成されており、一番重要なのは総額でいくらになるのか?というところになりますので、この弁護士費用については、依頼する前に入念に確認した上で依頼するようにして下さい。

弁護士費用について

パソコンやむなく自己破産をしなくてはならない場合がある人もいますが、まず初めは弁護士の無料相談を受け付けている弁護士事務所に相談すると良いでしょう。その段階では、もちろん費用もかかりませんし、もしかしたら自己破産をしなくても他に方法があるかもしれません。

しかし、万が一自己破産をしなくてはいけなくなってしまった時には当然のことながら弁護士に対する費用が発生してきます。一般の方でこのような際にどの程度の費用が発生するのかは正直分からないところです。今回は自己破産申請時に弁護士依頼の費用がどの程度かかるのか?ということをみなさんにご紹介させていただきます。

結論から言うと自己破産時に発生する費用は20万円~40万円が相場とされています。この金額が高いか安いかは別問題として、なぜ金額に開きがあるのでしょうか。それは弁護士に対する費用は弁護士が自ら費用を決めることができるからです。従って、もしかしたら依頼する弁護士の費用が20万円よりも安いかもしれませんし、40万円よりも高いかもしれません。重要なのはこの相場観を事前に知っておくことです。この相場を知っていればもし弁護士に依頼する際に高いか安いかの判断材料になりますので、相場の金額は頭にしっかりと入れておきましょう。

相場を知っておいてから、法律事務所の無料相談サービスなどを利用して、費用についても事前に確認しておくと良いでしょう。自己破産をしない方法があれば万々歳ですし、する場合でも今後の相談をしておくと少し安心できます。どちらにせよ、不安な日々を1日でも減らすにはまず無料相談に行って弁護士に道筋を作ってもらう良いでしょう。

関連サイト・・・弁護士へ無料相談|弁護士法人アディーレ法律事務所

弁護士に依頼する自己破産とは?

自己破産と聞くとなんだか悪いイメージが先行してしまいますが、決して悪いイメージではなく、前向きな気持ちで取り組む為のスタートと言って良いでしょう。自己破産は、基本的に弁護士に依頼をするから始まります。ただし、全てを弁護士に丸投げしてしまうのはあまりよろしくありません。弁護士に相談する際には無料相談などを行っている弁護士事務所もありますが、まずはご自身で自己破産とは何なのか?という部分を把握してから弁護士に相談するようにして下さい。

考える人そもそも自己破産とは何なのか?という基本的なところですが、自己破産とは裁判所に債務を免除してもらう為の手続きということになります。裁判所にて当人がその債務を本当に支払うことができないのか?という判断がされるわけですが、もし裁判所にて認められれば全ての債務を支払う必要がなくなります。これだけを聞くと全ての債務者はこの自己破産をした方が良いのでは?と考えてしまいますが、デメリットも当然あり、まず一定以上の価値がある財産は手放すことになります。この財産をお金に換えて実際にお金を借りている債権者に配当されるのです。また、ケースによってですが、5年~10年程度の間はお金を借りることができないのに加えて、免除の決定を受けるまでは警備員など一部の職業に就くことができないなどのデメリットがあります。

ただし、これから自己破産を弁護士に依頼する方で注意してほしいのが、自己破産はあくまでも最終手段であり、得策ではありません。まずは借金を返済する努力をし、どうしても返済が難しい場合にはこの自己破産という方法を考えるという形にして下さい。